Apple Watch6を使ってみて

Apple Watch シリーズ6を手に入れて1週間使ってみての感想です。
前からシリーズ2を使っていました。今度のシリーズ6とはかなり間が空いています。シリーズ2もiPhoneが近く10mくらいにあれば電話を取ることができました。子機の感じですね。今回のシリーズ6にしてセルラー機能が付いたものにしました。iPhoneを家に置いておいても電話で通話ができるものにしました。

便利なようですがiPhoneが近くにあるのでイマイチわかりません。機能をフル活用できるまで使いこなしていませんが、睡眠時にもつけて寝るようになりました。睡眠を管理してくれます。いつ寝ていつ起きてるを記録してくれます。トイレに起きたのもバレています(笑)

家に帰ってくると手を洗えってアラート出ます。手を洗い出すと20秒カウントダウンが始まりよくできました。って出ます。10秒ほどだと「なぜ?」みたいなアラート出ます。

他にも色々な機能がありますが、OS7はシリーズ3からなので、前のApple Watch2では、できない機能がかなりあります。

私の買ったApple Watch6 セルラーバージョンが八万円弱でした。Apple Watch SEって廉価版が出ています。最近のAppleの戦略のようですが廉価版を出しています。四万円強でほぼ同じ機能を纏っています。大きく違うのは血中酸素を測ることができるかできないかが大きな違いです。

歳なので血中濃度を測れたほうがいいか?くらいの差です。これから色んなアプリを試してApple Watchをフル活用していきたいと思います。

Apple Watch6を買った大きな理由の一つに転倒したらSOSを発信してくれます。(Apple Watchはあなたが転倒したことを検知して、あなたからの反応がない場合には緊急通報サービスに電話をかけます。海外で緊急の出来事に遭遇した場合でも、サイドボタンを長押しするだけですぐに助けを呼べます。)って機能があります。バイク乗りです。山中での転倒を絶対しないって決めていますが、この機能は絶対に使わないでおこうと決めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA