夏バテ対策

お盆休み(夏季休暇)を過ごされて仕事復帰の方も多いと思います。
そろそろ夏バテが出てくる頃です。

夏バテの症状7選
1-1.身体がだるい
1-2.下痢や便秘になる
1-3. 体重が減る
1-4.むくむ
1-5.頭痛がする
1-6.イライラする
1-7.めまいがする
だそうです。

夏バテ解消には、食事・運動・睡眠のバランスを整えることが大切です。 栄養バランスの取れた食事、無理のない適度な運動、十分な睡眠によって自律神経のバランスを整え、元気に充実した夏を過ごしましょう! もし、夏バテの症状が重い場合や長時間不調が続く場合は、市販の薬やビタミン剤、ドリンク剤などを活用することも一つの方法です。

夏バテって事もないのですが、やっぱり歳なんですかね。自分の体の調子が悪くなった感じがします。食事・運動・睡眠のうち睡眠が大変です。もともとショートスリーパーだったみたいで、Apple Watchを始めて買った6年くらい前に自分がどれくらい寝てるかのデータ見て驚きました。平均睡眠時間が4時間だったんです。改善に改善を重ねて最近は6時間以上は寝るようにしていたんです。

8月になって仕事の方向性の転換「やりたいことxできること」の擦り合わせや解決策が気になり目が覚めて思わず検索したりしてしまいます。今はApple Watchを付けて寝ていませんが、かなりやばいことになってる気がします。

iPadを手元に置いて寝なければ良いのですが、もう10年以上も手元にあるものを止めるのは?多分やめても気になって仕事部屋に入って検索したりすると思います。

若い頃のプログラム作成時代はトライ アンド エラーを繰り返しなので寝る時間がないくらい時間がかかりました。

今は、いろんな世界中のデータが検索ができてしまうので、高級骨董品のデータの見直しができる。売値と買値の差が儲けなのと需要と供給の関係もデータを見つける事ができる。昔のように経験値の勘だけで勝負じゃないんです。う〜〜〜ん、色々と悩ましい〜〜〜〜気になる〜〜〜寝られない!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA